ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

波は乗るもの。のまれていませんか?
2015年6月15日

仕事や人間関係がうまくいっていないときは、
おめでとうございます!
「自分をととのえるチャンス」到来です。

自分の心がととのっていれば、
「人のために何かしなくては…」「ありがとうと言われたい…」
などと思わなくても、勝手にあなたの本質や魅力が表に出て、
エネルギーが周りに拡がります。
結果として喜ばれるし、存在自体が貢献になるわけです。
自分で自分をととのえるということをしていないとき、
私たちはつい、原因や癒しを外部にばかり求めたくなるものです。
「あの人のせいで私は傷ついた」
「会社のせいで、こんなに大変だ」
「誰もわかってくれない」
そんな時は、人に何も与えられないばかりか、
人からエネルギーを奪っているかもしれません。
エネルギーヴァンパイアという言葉もあるぐらいです。
人間ですから、日々感情や体調の波はあっていいし、喜怒哀楽もあって当たり前。
その上で、「波に飲まれる」のではなく「波に乗って」生きればいいんです。

波に飲まれているときは、おぼれないように必死でもがいている状態。
気力も体力も消耗してしまいます。
一方、波に乗っているときは、サーフィンや舟のようなイメージ。
波の状態や天候、周りの景色や目的地の島などを眺め、
味わいながら進むことができます。
自分の力だけでなく、波や風の力を助けにするので、
ラクに長距離進むことができます。

途中で、仲間とも出会えるかもしれません。o0480030413307381308
冒頭に戻りますが、波に乗るためには自分をととのえることが大切です。
そのためには、運動や瞑想をする、信頼できる人に話を聞いてもらう、
元気をもらえる人と会う、一人の時間をとるなど、さまざまなやり方があります。心が平和で前向き、喜びや生命エネルギーに満ちている状態になれるなら
手段はなんでもいいのです。


私の場合は、月100キロのウォーキングで頭も体もスッキリしますし、
美徳の視点を持っていること、心身に作用する気功やヨガなどが、
自分をととのえるのに役立っています。

Share Button