ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

ピンチをチャンスに。レジリエンス(心の回復力)の大切さ
2015年7月11日

今日は、心のしなやかさについて。

ピンチをチャンスにする思考を持っている人は、優しくて、しなやかで、強い。
ただ硬いだけでは、ポキっと折れてしまいます。

道の途中、顔をあげれば太陽はそこにあるし、
人はいつだって、ひとりで歩いているわけではありません。
でも私たちはどうしても、下を見ているときはそのことに気づかないもの。

t02200220_0800080013166182932



誰でも、ピンチや問題と見える出来事はいくらでもあります。
ただ、出来事は出来事でしかないのに、
それをどう受け取ってどういう感情を持つかは、自分のフィルター次第
この個人差が、ストレス耐性を左右します。

私の場合、ヴァーチューズ・プロジェクトを学んでからは、レジリエンス(精神的な復元力、立ち直る力)が圧倒的に高まりました。

ヴァーチューズ・プロジェクトの5つの戦略のうち、第2戦略が「教えに最適な瞬間を認識する」。
ピンチをチャンスに変える考え方を身につけたことで、以前なら1週間も2週間も落ち込んで気にしていたようなことも、長くて1~2日で回復できるようになりました。
つまり、ストレス耐性が強くなったということです。

それも、無理やりポジティブに考えて蓋をするのでもなく、「ああ、私は今こう感じているんだな」と感情を味わった上で、自然に前向きに進めるようになったんですね。

自分で自分をととのえるために気功も併用しているので、それも大きいでしょう。

「気の力」とは イメージ1

7月25日・26日の土日に行う「内なる美徳を呼び起こすワークショップ」
では、
この「ピンチをチャンスにする物の見方」も扱います。
自分を、もっとラクにしてあげませんか?
はじめて「ヴァーチューズ・プロジェクト」や「美徳」に触れる方はもちろん、実践のため再受講される方も多いこのワークショップ。
ファシリテーターの方も、ぜひお越しください。
自分と人の心の深いところにそっと触れる、特別な二日間をご一緒しましょう!

Share Button