ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

心と身体をととのえる手法、たとえば気功も。
2017年4月17日

「いつも楽しそうですね。キラキラしている秘訣はなんですか?」
ありがたいことに、そんな風に訊かれることがあります。
こんにちは。
コミュニケーション・プロデューサーの坂本かおりです。
私はよく、企業研修や個人セッションで、
「忙しい現代人こそ、心や身体をととのえる手法を持っておきましょう」
というお話しをさせていただきます。

それは、自分をととのえることが、自分にも周りにプラスの影響を与えることになるから。
私が「いつも楽しそう」「キラキラしている」と言っていただけるのは、
生まれつきのオーラでもなんでもなく(笑)
単に、自分をととのえることが得意だからです。
15780699_1010754569058058_8830634231616416371_n
私が普段、心や身体のバランスをととのえるめに何をしているかというと、
気功、呼吸法、ヨガ、アロマテラピー、
ウォーキングなどの中から、適宜。
あまりにも疲れが溜まった時は、マッサージや整体
で人の手を借りることにしています。
中でも気功は、道具も要らず、いつでもどこでも自分でできるのが最高。
家でも職場でも睡眠中でも(やろうと思えば)できてしまう。
だからこそ続けやすく、私も趣味として始めてから8年になります。
会社員時代に、ストレスケアとして気功を始めてみたところ
あまりに良かったので、「好き」が高じて、人に教えられるレベルまで学びました。
メニューとして表に出していないにも関わらず、
セミナーや個人セッションのお客様が、私のセルフケア法の話を聞いて
「私もその気功ができるようになりたい」
「かおりさんから教わりたい!」と、ご依頼くださることが少なくありません。
そこでリクエストがあった時にだけ、セミナーを開催してお伝えしています。
 
実際に、私のクライアントさんであるリーダー層や起業家の方には、
非常におすすめの手法なのです。
なぜなら、影響力のある立場の方ほど、ご自身のエネルギー状態が
周りの方や
経営そのものにも直結するからです。
 
また、ご家族のご病気などをきっかけに「ケアできるようになりたい」と
お越しになる方もいらっしゃいます。
先週もリクエストをいただき、セミナーを開催。
他県からお越しくださった3名様に、1日でしっかり伝授させていただきました。
そう、気功にもいろいろな種類や流派がありますが、
私のやり方は、修行もいらず、1日ですぐ使えるようになるんですよ。
「気」という、目に見えないものを扱うわけですが、
まったくもって怪しいものではありません。
特に私のクライアントさまは
経営者やビジネスマンの方が多数いらっしゃいます。

海外の医療現場でも使われていたり、イギリスでは保険も適用されている手法。

マドンナなどのセレブリティも使っている、
世界でもっともメジャーでかんたんな癒しの手法です。
一度習えば、修行などいらずに一生使えるのも嬉しいところ。
もちろん宗教や特定の団体とは無関係ですし、
スピリチュアルに傾倒や逃避するものでもありません。
(精神性としてのスピリチュアリティは私も大切にしていますが、あくまで現実的に
「誰かや何かに依存せず、自分の無限の可能性を信頼できる自分になること」
がいちばん大切だと考えています)
つい先日も、大手企業の部長さまに「気功、習ってよかったです!」と言っていただきました。
初めてお会いした頃よりも、お肌も若々しく、気力に満ちているのが感じられて、
こちらも嬉しかったです。
私は、ヨガやジョギングをするのと同じ感覚で、心身の健康のために使っています。
あなたもセルフケアや周りの方のケアに、始めてみませんか?
心身の健康法としての気功にご興味のある方は、
詳しい内容をお知らせしますので、こちらからお問い合わせください。
(お申し込みを前提とするものではありませんので、お気軽にどうぞ!)
宗教や特定の団体とは無関係です。

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

コミュニケーション・プロデューサー
坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●国連推奨!世界110カ国以上の企業・学校・家庭で教育に変革を起こしている
「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心や自律神経のバランスをととのえるセルフケア
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button