ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

世界女性サミット Global Summit of Women(2)
2017年5月14日

18527957_1094957740637740_7834971914080167722_n
世界女性サミット(グローバル・サミット・オブ・ウィメン)東京大会が開幕しました。
ニュースでも多く取り上げられていた通り、
開会式では安倍首相や岸田外務大臣のご挨拶があり、
小池百合子都知事もフォーラムに登壇。
18446511_1094959173970930_8338723256613002474_n 18403747_1094959093970938_2677051029640718663_n
サミットは連日、朝8時〜21時、22時までぎっしりのスケジュール。
3日間、世界的に活躍している女性リーダーや、
女性活用に力を入れている企業の経営者が登壇されました。
貢献の大きさだけあって、とにかくみなさんパワフルです!
何度「すごいなぁ・・・」と呟いたか分かりません。
ひたすら尊敬と感嘆、そして「私ももっとやれることがある」という
再認識の連続でした。   
 
1日目の政府主催ウェルカムディナーのみ赤坂迎賓館、
あとは新高輪グランドプリンス「飛天の間」で行なわれました。
内容は、ステージでの全体セッション(パネルディスカッションや講演)、
テーマごとの分科会、アワード授賞など。
62カ国から1300人が参加。
通訳は8ヶ国語に及びます

18403714_1094958077304373_3586735735946032108_n
18485504_1094958940637620_2595843567481119976_n
以下、印象に残った言葉を、ほんの一部ですがシェアします。
前後の文脈がないのでエッセンスを。
 
●世界で活躍するには、有能な人といい関係を築くこと。
世の中の人を喜ばせるためには人間性と人脈が大切。
(コシノヒロコさん/デザイナー 日本)*写真一番左
 
●女性は規模ではなく、賢さとスピードで勝つ。
エネルギーを集中するときは前向きに。
(キム・スンジュさん/MCMチーフビジョナリーオフィサー 韓国)*写真左から2番目
 
●世界情勢が不安定で怒りが広がっている今こそ、思いやりや幸福感を重視。
これこそ女性の役割。
(ドリス・マグセイセイ・ホウさん
/マグセイセイマリンタイム社長兼CEO フィリピン)
 
●アントレプレナーは理想高く言行一致させる。
自分の人生を基盤に、内(内なる声)と外(市場)の両方に耳を傾ける。
そして、助けを求めることも遠慮しない。
(ミュリエル・ペニコーさん
/ビジネスフランスCEO兼対仏投資誘致担当大使 フランス)
 
●女性は伝える力が高いのが強み。応援して!と言える。
一方で、クラウドファンディングで起業しても
「誰もが知っている有名企業」にまで成長することがほぼない。
成功例が少ないため出資企業も二の足を踏みやすい。
(米良はるかさん/Ready for CEO 日本)
 
●ウーマノミクスは女性の進出に大きなチャンス。
75兆円の成長余地がある。
(吉田春乃さん/BTジャパン社長、女性初の経団連理事)
 
●多くの女性が、チャンスが来た時にためらう。
自分は経験はなかったが、躊躇せず「やります」と答えた。
(エリザベス・シュタウディンガーさん
/シーメンスヘルスケアアジア太平洋プレジデント)
 
●Think global Act local.
大胆に、リスクをとる。古いやり方を踏襲しない。
(バーバラ・カルカーニさん/NARS社長)
 
その他、資生堂の魚谷社長やカルビーの松本社長ほか
男性CEOのメッセージもありました。
 
18519972_1094958020637712_9215227226785488863_n
登壇者からは、「恐れずチャレンジ」という言葉を何度も聞きました。
つまり、それだけ恐れを持っている女性が多いということ。
たとえば昇進を打診された時、女性は出産などで数年後が見通しづらいために
責任ある立場を選ぶのに躊躇する、というのもあります。
でも、特に日本人女性は、周りとの調和を重んじるあまり
「責任をとりたくない=上司になって責められたくない」という恐れが
強いのを見受けます。
「責任」と「責められる」がセットになった思い込みがあるんですね。
それはつまり、自分が心の中で親や先生や上司を責めてきたからなのですけれど。
私も、過去に年上の部下を持つことになった時は、嫌で仕方なかったものです。
今なら喜んで責任という愛を発揮しにいくのですけれどね。
  
 
また、ダイバーシティやワークライフバランスも今回のテーマの一つでしたが、
「トップダウンとボトムアップの両方が大事」と何人もの方が口にしていました。
個人、企業、行政が連携してこそ社会がよくなる。
書いてみると、 当たり前のことです。
でも、普段から「行政にはたらきかける」という意識を持って仕事をしている
リーダーは(業種にもよりますが)決して多くはない。
とくに女性の場合、個人や家庭、目の前の人に意識が向く生物構造なので、
政治は遠い世界と感じがちなのですよね。
個人的には、それはそれで男女の役割の違いだと思っているので、
別に「議席が半々でないのは不平等だ」などとは思わないのですけれども。 
とはいえ、よりよい世の中を願う時に、やはり政治経済の視点は必須。
不勉強なので、もっと学んでいきたい部分です。
やはり、こうして広く活躍している方々のお話を直接聞くことは、
視野を広く高くしてくれます。
18425488_1094932530640261_561514052331863528_n

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

コミュニケーション・プロデューサー
坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●国連推奨!世界110カ国以上の企業・学校・家庭で教育に変革を起こしている
「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心や自律神経のバランスをととのえるセルフケア
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button