ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

茨城潮来市 音と食の地域活性イベント「水響」へ
2017年12月19日

25158382_1227722654027914_6614964845741504866_n
こんにちは。
コミュニケーション・プロデューサー坂本かおりです。

12月は、イベントの多いシーズンですね。
私も、講師業やコンサルのほかに、各種イベントの司会をさせていただく機会が多くなっています。
当然ながら場によって目的もお客様も全く違いますから、場をつくるために出す声の質や抑揚も変えます。

さて、先日は、茨城県潮来市で行われた食と音楽による地域活性イベント「第3回 水響(すいきょう)SOUND PROJECT」のMCをお手伝いさせていただきました。

私もよく伺うレストラン、表参道「DA FIORE」オーナーシェフの眞中さんは、潮来(いたこ)のご出身。
レストラン経営やメディア出演、農業や食育など広く活躍され、水郷いたこ大使にも任命されています。
そんな眞中さんが、潮来市・神栖市・香取市の経営者仲間とともに「地域に活力と夢を」というコンセプトで始めたのが、水響SOUND PROJECTだそうです。

 水郷として知られる潮来ですが、「郷」の字に「音」を足すと「響」なんですね。
なんとも遊び心あるイベントタイトルです。

音楽好き、そして眞中シェフのお料理ファンの私としては、以前から参加したかったイベントでした。

今回のゲストミュージシャンは、前回に引き続きジャズボーカリストShihoさん(元Fried Pride)、そして若手ジャズピアニストNo. 1とも言われる桑原あいさん。
お二人とも国内外で活動し、ジャズを中心にジャンルレスに音楽を紡ぐ、天才肌のミュージシャンです。
その二人を支えるのは、ベースの川村竜さん、ドラムの山内陽一郎さん。

イベント「水響」は、二部構成。
第1部は、地元中学校の吹奏楽部の生徒たちとプロミュージシャンの交流
第2部はレストランでのディナー&ライブ
となっています。
まずは、プロミュージシャンが地元中学校を訪問。
吹奏楽部の生徒たちと対面し、まずはミュージシャンが1曲披露します。
続いて、吹奏楽部が練習中だというGReeeeNの「キセキ」を演奏。

緊張しながら演奏を終えた生徒たちに、さっそくプロからのアドバイスが入ります。
「顔が死んでる!(笑)  みんな、歌詞読んでから演奏してる? 私は歌をピアノで弾く時、必ず歌詞の世界を表現する。楽譜には、音楽のすべては載ってないんだよ」(桑原あいさん)
「多くの人が知らないことがある。それは、間違った音を出したからって死にはしないってこと。練習では、間違うことを恐れずにしっかり音を出そう」(川村竜さん)

アドバイスをもとに演奏するたび、生徒たちの音と表情がどんどん力強くなっていきます。
それはテクニックを知ったからではなく、マインドが変わったからなんですね。
ミュージシャンが、自ら演奏を愉しんでいる姿、そして「音楽を愛する同志」として大切なものを惜しみなく分かち合うことが、自然に変化を起こしていく・・・
双方の姿に、思わず涙してしまったほど。

最後には、吹奏楽部の演奏にプロの即興演奏が加わり、「キセキ」がこの日だけの特別なアレンジに!
あまりにも貴重過ぎて、この場だけの演奏になるのがもったいないほどでした。

この時間を、もっと多くの生徒や先生や親御さんと共有できたらいいだろうな。
だってそこに、教育の本質が自然に存在していたから。

1時間の交流はあっという間に過ぎ、ミュージシャンの皆さんはディナー会場へ移動。
25188906_1227722757361237_846082697313910784_n
いよいよメインとなる第2部、レストランでのディナー&ライブです。
恒例の人気イベントなので今回も瞬く間に満席、キャンセル待ちが出るほどでした。

18時から20時までは、ディナータイム。
表参道DA FIOREの眞中シェフ監修&調理のもと、地元の食材をふんだんに盛り込んだ特別メニューが用意されます。
次々と出来上がってカウンターに並べられるお料理を、気軽にワンプレートずつキャッシュオンでいただけるスタイル。
見づらいですが、当日のメニュー。
25348344_1227722657361247_9042290386093262320_n
眞中さんが地元で新たな挑戦として始めたという、イタリア米の稲作。
予定より少ない収穫量だったそうですが、貴重なお米をトリュフ入りのリゾットとしていただきました。
今回は早い者勝ちでしたが、来年はさらにたくさんの方のお口に届くことでしょう!
20時からはお待ちかね、Shihoさん、桑原あいさん、川村竜さん、山内陽一郎さんによるスペシャルライブ。
「A列車でいこう」「It Don’t Mean a Thing (If It Ain’t Got That Swing)」などの王道ジャズナンバーのほか、マイケル・ジャクソンの「Bad」やスティービー・ワンダーの「Isn’t She Lovely?」といったポピュラーや、この季節ならではのクリスマスソングも。

Shihoさんの歌や桑原あいさんのプレイは、一瞬一瞬ほとばしる「命」が、そのまま声や音になっているよう。
即興で生まれる音は、まるで細かいブロックが積み重なって、大きな立体物(曲)になっていく感覚・・・
そう、私には譜面や五線譜のような平面ではなく、すごく3D的に感じたんですよね。
気迫がありつつも愉しくて、片時も目が離せないライブ。
アンコールも含め、大いに盛り上がったのでした。

潮来市へ伺ったのは、二度目。
再会と新たな出会いのある、嬉しい一日でした。

これからの「水響」も愉しみです。


【「第3回 水響SOUND PROJECT」概要】
 
日時:12月13日(水)ディナー18:00〜 ライブ20:00〜
会場:潮来ステーションホテル2Fレストラン
ライブゲスト:Shiho(vo)、桑原あい(p)、川村竜(b)、山内陽一郎(d)
入場料:¥4,000、料理・ドリンク別途一品¥500〜
企画:水響SOUND PROJECT
株式会社遠藤青果(香取市)、株式会社セキネネオン(潮来市)、株式会社モデルノ RISTORANTE DA FIORE(東京表参道)、慈母学園(潮来市)、シューズショップカネヒラ(潮来市)、タキマテック株式会社(神栖市)、焼肉みよしの(潮来市)、YU DESIGN(香取市)
後援:NPO法人潮来活性化委員会
協力:潮来ステーションホテル

Share Button