ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

世界女性サミットに参加(2) Global Summit of Women
2017年5月14日

18527957_1094957740637740_7834971914080167722_n

世界女性サミット(グローバル・サミット・オブ・ウィメン)東京大会が開幕しました。
ニュースでも多く取り上げられていた通り、62カ国から1300人が参加。
世界でも、女性版ダボス会議と言われる大規模な女性会議です。
開会式では安倍首相や岸田外務大臣のご挨拶があり、
小池百合子都知事もフォーラムに登壇されました。
18446511_1094959173970930_8338723256613002474_n 18403747_1094959093970938_2677051029640718663_n

3日間のサミットは、連日、朝8時〜21時、22時までぎっしりのスケジュール。
世界的に活躍している女性リーダーや、
女性活用に力を入れている企業の経営者が登壇されました。
貢献の大きさだけあって、とにかくみなさんパワフルです!
何度「すごいなぁ・・・」と呟いたか分かりません。
ひたすら尊敬と感嘆、そして「私ももっとやれることがある」という再認識の連続でした。 
 
1日目の政府主催ウェルカムディナーのみ、赤坂迎賓館で。
それ以降は、新高輪グランドプリンス「飛天の間」で行われました。
内容は、ステージでの全体セッション(パネルディスカッションや講演)、
テーマごとの分科会、アワード表彰など。
18403714_1094958077304373_3586735735946032108_n
62カ国から1300人。通訳は8ヶ国語に及びます
 
18485504_1094958940637620_2595843567481119976_n
以下、印象に残った登壇者の言葉を、ほんの一部ですがシェアします。
前後の文脈がないのでエッセンスをキャッチしてください。
 
●世界で活躍するには、有能な人といい関係を築くこと。
世の中の人を喜ばせるためには人間性と人脈が大切。
(コシノヒロコさん/デザイナー 日本)*写真一番左
 
●女性は規模ではなく、賢さとスピードで勝つ。
エネルギーを集中するときは前向きに。
(キム・スンジュさん/MCMチーフビジョナリーオフィサー 韓国)*写真左から2番目
 
●世界情勢が不安定で怒りが広がっている今こそ、思いやりや幸福感を重視。
これこそ女性の役割。
(ドリス・マグセイセイ・ホウさん/マグセイセイマリンタイム社長兼CEO フィリピン)
 
●アントレプレナーは理想高く言行一致させる。
自分の人生を基盤に、内(内なる声)と外(市場)の両方に耳を傾ける。
そして、助けを求めることも遠慮しない。
(ミュリエル・ペニコーさん/ビジネスフランスCEO兼対仏投資誘致担当大使 フランス)
 
●女性は伝える力が高いのが強み。応援して!と言える。
一方で、クラウドファンディングで起業しても
「誰もが知っている有名企業」にまで成長することがほぼない。
成功例が少ないため出資企業も二の足を踏みやすい。
(米良はるかさん/Ready for CEO 日本)
 
●ウーマノミクスは女性の進出に大きなチャンス。75兆円の成長余地がある。
(吉田春乃さん/BTジャパン社長、女性初の経団連理事)
 
●多くの女性が、チャンスが来た時にためらう。
自分は経験はなかったが、躊躇せず「やります」と答えた。
(エリザベス・シュタウディンガーさん/シーメンスヘルスケアアジア太平洋プレジデント)
 
●Think global Act local.
大胆に、リスクをとる。古いやり方を踏襲しない。
(バーバラ・カルカーニさん/NARS社長)
 
その他、資生堂の魚谷社長やカルビーの松本社長ほか、男性CEOのメッセージもありました。
 
18519972_1094958020637712_9215227226785488863_n

登壇者からは、「恐れずチャレンジ」という言葉を何度も聞きました。
つまり、それだけ恐れを持っている女性が多いということですね。
たとえば昇進を打診された時、女性は出産などで数年後が見通しづらいために
責任ある立場を選ぶのに躊躇する、ということがよくあります。
私から見ると、特に日本人女性は周りとの調和を重んじるあまり
「目立ちたくない」「責任をとりたくない」「上司になって責められたくない」
という恐れが強いのを見受けます。
これは、「責任」と「責められる」がセットになった思い込みがあるんですね。
過去に、自分が心の中で親や先生や上司を責めてきたから、
自分もそうされると思い込んでしまうのです。
  
 
また、ダイバーシティやワークライフバランスも今回のテーマの一つでした。
「トップダウンとボトムアップの両方が大事」と何人もの方が口にしていました。 

個人、企業、行政が連携してこそ社会がよくなる、というのは、
 文字にしてみると 当たり前のことです。
でも、普段から「行政にはたらきかける」という意識を持って仕事をしている
リーダーは(業種にもよりますが)決して多くはない。
 

とくに女性の場合、個人や家庭、目の前の人に意識が向く生物構造なので、
政治は遠い世界と感じがちなのですよね。
個人的には、それはそれで男女の役割の違いだと思っているのですけれども。 
とはいえ、よりよい世の中を願う時に、やはり現実的に政治経済の視点は必須。 

グローバルに活躍している方々のお話を直接聞くことは、視野を広く高くしてくれます。
良い機会をいただきました。
18425488_1094932530640261_561514052331863528_n

Prime Minister Abe and Minister of Foreign Affairs Kishida gave a speech and Governor Koike also attended the Forum. Powerful female leaders from all over the world are gathering here. It just felt respect and admiration and can’t count the time that I said “awesome”. It made me passion also “I can do even more.” The summit was from 8 to 21or 22 o’clock for 3 days. So many panel discussions and lectures at the stage, and subcommittees for many theme. Interpretation was in 8 languages.Here I share a words I impressed.

●Be in good relationships with talented people to be active in the world. To please the world, humanity and personal connections are important.(Hiroko Koshino/ designer Japan)

●Not by scale of business, but women can win with wisdom and speed. Be positive when you concentrate your energy.(Sung Joo Kim/ MCM Chief Visionary Officer Korea)

● The world situation is unstable and anger is spreading. Caring and happiness are needed and women can make it! (Doris Magsaysay-Ho / Magsaysay Marin Time President and CEO Philippines)

● Think global Act local. Be bold and take risks. Do not follow the old way. (Barbara Calcagni / President of NARS)
…and so on.

Listening the stories of people who are active widely made my viewpoint wider and higher. Lucky me!

Communication producer Kaori Sakamoto

#gsw #グローバルサミットオブウィメン #世界女性サミット#globalsummitofwomen


==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

コミュニケーション・プロデューサー
坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●国連推奨!世界110カ国以上の企業・学校・家庭で教育に変革を起こしている
「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心や自律神経のバランスをととのえるセルフケア
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button

世界女性サミットに参加(1)/Global Summit of Women 1
2017年5月13日

18402767_1093709680762546_944026342098250318_n
5月12日からの三日間、「世界女性サミット(Global Summit of Women)東京大会」に
参加しています。
62カ国から1300人が参加、経済界や政界の女性リーダーを中心とした
講演や分科会などが行われます。

昨夜は輝く満月のもと、赤坂迎賓館での晩餐会でした。
18446986_1093709687429212_3275587341712336924_n

私は国際交流団体の関係でお誘いいただき、初の東京開催という貴重な機会でしたので
これもご縁と感じて参加を決めました。


私自身は、子供の頃から、女性に生まれたことが喜びで幸せでしかありません。
(中学か高校のころ、「女に生まれてよかった。次に生まれ変わっても女がいい」と
作文に書いたこともあります。笑)

ありがたいことに、過去の職場においても、
女性だから苦労したとか損をしたということが、皆無なのです。
男性と戦うとか、負けたくないという気持ちがなく、
「そもそも男女で得意なことが違う。だからこそ、生かしあい、協力しあえばいい」
というスタンスだったから、変にぶつかることがなかったのでしょう。

とはいえ、今こうして私が自由を享受しているのは、これまでに「戦う」ことで
旧体制を切り拓いてきた(切り開いている)女性たちがいらっしゃるから。
また、世界に目を広げれば、たしかに女性というだけで理不尽な環境にある方もいらっしゃる。


今はもう、調和の時代です。
世界の政財界トップの女性が、どこまで「男性との戦闘モード」から
「調和と活かし合いの思考」に変わってきているのか?
むしろそこに興味があります。
いろいろ学ばせていただきながら、そのエネルギーを感じ取ってきます。

ちなみにこのドレスは、両親の結婚式で、若き母がお色直しに着たもの。

Participating in the 3-day World Women’s Summit from Fri. Banquet at the Akasaka Palace Guest House was held under a shining full moon. This is world’s biggest summit of women and this is first time in Japan. 1,300 people from 62 countries are gathering and there are so many lectures and subcommittees by leaders everyday. The president of IEO(international exchange organizations) invited me. I feel my role is spreader of peace by social communication.  I’ve been in only happiness and joyfulness to be born as a woman, never had some hardship or a loss by being woman luckily .I understand there were(are) great efforts, sweat and tears by women who have fight and break the old system. Time is transforming into a harmony already, not fighting, so l’ll see and feel the elder women leaders’ energy.
By the way, this dress is from my mother. She wore it in her wedding ceremony.

#gsw #グローバルサミットオブウィメン #世界女性サミット

Share Button

シンガポールとのご縁/Enjoying the connection with Singapore
2017年2月2日

一昨年・去年と、セミナーや国際会議参加で訪れたシンガポール(写真は去年)。

IMG_3136

 

 

今年はあるプロジェクトに関わっていて、シンガポールとのご縁がさらに深まりそうです。
先日、ウエスティンホテルの龍天門にて、お食事会と打ち合わせでした。
個室の窓から見た夜空に、まるでシンガポールの国旗のような三日月と星が輝いていたのも、きっと吉兆。
企画はまだまだこれからですが、きっと面白いことになる。

またシンガポールのみなさんと再会できるのも楽しみです。

運も縁も、人が運んできます。

だからコミュニケーションの質が人生を決めるのです。


コミュニケーション・プロデューサー 坂本かおり

I’ve visited Singapore 2015 and 2016 for seminer and international conference. Now I am involved in one project about Singapore and enjoying the graceful connection. I saw beautiful crescent moon with shining star like the national flag of Singapore through the window of restaulant. It must be good omen🌟 Can’t wait to see my friends there.
The photo lifting Marina bay sands up is last year.

Share Button

レソト王国 国王陛下 王妃陛下 歓迎晩餐会/King and Queen of Kingdom of Lesotho farewell dinner party
2016年11月24日

本日、アフリカのレソト王国より来日されたレツィエ国王陛下・王妃陛下の来日歓迎晩餐会に参加してきました。

15442300_1002799726520209_8430135522929102687_n15578891_1002799699853545_5125797423332666906_n
日本の伝統美に囲まれた目黒雅叙園内の大宴会場で、両国国歌斉唱ののち、日本舞踊など日本文化が披露されました(国賓なので晩餐会場内では撮影を控えています)。
この日は、山口公明党代表や小渕優子元経済産業相もご列席。

パーティーは、ほぼチャリティや国際親善目的のものに参加させていただいています。
私にとって社交は、世界に貢献する手段のひとつであり、さまざまなことを学べる大切な場でもあります。
今回は、9月にシンガポールのFAWA国際会議でご一緒した方々の関係でしたので、仲間と再会できた喜びも大きかったです。

14718591_1002799693186879_452263271435405630_n
国王王妃両陛下は、翌日から、東日本大震災の被災地を訪問されました。
来日中の貴重な機会に同席させていただけたことに、感謝です。

(ニュース記事なのでリンク切れの場合があります)

読売新聞「アフリカのレソト国王夫妻、震災慰霊碑に献花」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161127-OYT1T50023.html

福島民報「相馬市を訪問し慰霊 アフリカ・レソト国王夫妻」
http://www.minpo.jp/…/to…/jishin2011/2016/11/post_14466.html



I joined the farewell dinner party for King and Queen of Kingdom of Lesotho last month. It was chance to see friends that I met international convention in Singapore in September.

In Meguro Gajoen

Share Button

歌で外交。シンガポールにて/Diplomacy through music! FAWA convention(2)
2016年10月4日

その1「アジア太平洋国際女性連盟の総会でシンガポールへ」はこちら

FAWA(アジア太平洋国際女性連盟)で、アジアデビュー?!してしまいました(笑)。

14449014_952249301575252_4597437153841441188_n
14519823_954653311334851_5135455147262271413_n

開会式後のディナーでは生バンドのライブが行われ、テーブルでも音楽の話で盛り上がっていました。

シンガポール在住の運営スタッフさんがジャズが好きということで、
「私もジャズボーカル習っているけど、音楽はいいですよね」
「今度東京に行ったら、いいジャズクラブ教えて!」
「もちろん。青山の周りはけっこう多いのよ」
といった話をしていたら(実際は英語)、
「カオリ、歌って!」と、ステージで歌う流れに。。。

さすがに一瞬は、「いやいやいや・・・」と思いましたよ。
身内のイベントで歌ったことは何度かありますが、今回はアウェーもいいところ。
しかも、私は主催団体FAWAのメンバーではなく外部参加。
20数名の日本人グループですら、私のことを知らない方ばかりなのですから。
でもね、瞬時に思い直しました。
「私個人の事情なんて、全体にとってはどうでもいいこと。
少しでも場に貢献できることがあるなら、やらせてもらおう」。
いつものように、“来た波には乗る&場での役割を果たす”主義で、チャレンジしてみました。
上手な歌はプロの出演者に任せて、私はシンガーというよりパフォーマーという感じで、盛り上げに徹します。
曲は、国際会議という場を考え、広い世代が知っていて、なおかつ友情がキーワードになっているキャロル・キングの「You’ve got a friend」を選びました。

14479708_954684554665060_1833813521598134467_n

「みなさん、こんにちは! 日本から来たカオリです。
メイン(プロの演奏)は終わったので、デザートみたいな感じで楽しんでください。
今日は、キャロル・キングの“You’ve got a friend”を歌います。
この曲を選んだのは、今回は友達を作る機会であり、私たちはすでに友達でもあるからです。
どうか、一緒に歌ってください」

というわけで、サビは手を振って会場を巻き込み、みなさんと合唱。
立って踊ってくださる方も多く、場内一体となって盛り上がりました。

14462961_954653378001511_6845978281476887716_n 14463294_954685644664951_6759105649280718763_n


歌い終えて席に戻ると、日本人チームのみなさんから
「よくやってくれました! 日本がアピールできてよかった」
「日本人のイメージアップに貢献してくれてありがとう」
と口々に言っていただきました。
何かしらお役に立てたならよかったです。

翌日以降も、様々な国の方に「あなた、昨日歌ってた人よね?」と話しかけられました。
パフォーマーとして、ある程度のインパクトは残せた模様。

まさかの展開でしたが、もう、今回の外交の役割はこれで十分果たし終えた気がします。
ふぅ〜、びっくりした。

このとき私の発揮した美徳、それは勇気、奉仕、和 でした。

 

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

コミュニケーション・プロデューサー
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用!「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心身をととのえる気の力
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button

アジア太平洋国際女性連盟の総会でシンガポールへ/FAWA convention in Singapore(1)
2016年10月3日

FAWA(アジア太平洋国際女性連盟)の総会に参加するため、シンガポールに行ってきました。
私はFAWAのメンバーではないのですが、外部団体であるIEO国際交流団体の関係で、日本・シンガポール外交関係樹立50周年記念ツアーの一環として参加しました。

14449014_952249301575252_4597437153841441188_n

14463075_952249308241918_7306116649086573356_n14457341_952249334908582_5536176937323660603_n

photo:国旗入場など、国際会議ならではのムードです。

FAWA(アジア太平洋国際女性連盟)は、1959年設立という歴史ある団体です。
今回は12カ国200名による国際会議で、テーマは「人道の未来、遺産の継承」。
サブテーマは「経済界での女性・介入と進出」「次世代への持続可能な母なる地球」「ジェンダー平等均衡の達成」というものでした。

昔は日本でも女性の地位が今よりずっと低く、選挙権もない時代がありました。
その時代に、理想を持って「戦って」きた方々がいるからこそ、今の私たちが自由も尊厳も享受しているわけですよね。
道を切り拓いてきた先人に感謝しつつ、またひとつ視野が広がって勉強になりました。
私自身も、起業家として意見を述べたりしました。

驚いたのが、200名のうち日本からの20数名の参加者の多くが、50〜70代であること!
80代女性も元気いっぱいに参加されているのです。
「今」を作りあげてきた世代のパワフルさに、刺激を受けました。

14516376_953510431449139_2152856679875176132_n-1

photo:各国の民族衣装が華やかな国別パフォーマンスで、陽気で楽しいフィリピンチームと。
14591823_954119334721582_4871329138044638326_n 14463107_954119224721593_9139172914707591980_n
photo:韓国(中)、シンガポール(下)のパフォーマンス。

ジェンダーに関していうと、私個人に関して言えば、女性であることで損をしたり嫌な思いをしたことがほぼなく、むしろ女性でよかったことばかりです。
(たしかに日本は今なお男性中心の社会ですし、男性が誰かに向かって「女のくせに」「女は、〜だから・・・」とネガティブな発言をするのを見たことは何度もあります。ただ、それで傷つくというよりも、発言者の精神の未熟さやコミュニケーションの稚拙さを感じる程度。自分自身が社会経験の中で不利益を受けたことはない、ということです。女性が「男っていつもこうなんだから」というのも同じですよね。違いがあって当たり前だと思っているし「だから面白いんだよね」と感じています)

これまで何度か、職場やプライベートで「かおりさんは、異性とも信頼関係を築くのが上手ですね。私は苦手なんです」と相談されたことがあります。
初めて聞かれた時、自分と周りの人は何が違うのだろう? と、観察してみました。
そして、そもそも「男性と競う・争う」というスタンスを持っていないことに気付いたのです。
「男女は役割も得意分野も違うからこそ補い合える」という考え方で、異性へのブロックがない。これが理由なんだろうな、と。
おそらく、だから今も、女性だけでなく男性のクライアントさまも多いのだと思います。
私より上の、男女平等を掲げていた世代(雇用機会均等法のできた頃など)は、たしかに肩肘張って男性と戦い、必死に対等であろうと頑張る女性が多かったものです。
時代的に、社会全体も男性側のマインドも成熟していなかったので、そうせざるを得なかったのでしょう。
それこそ私のいたマスコミ業界では、ものすごく優秀であると同時に、ものすごく怖くてキツい、口調も男性のような女性をよく見かけました(言うまでもなく、そうでない女性もいらっしゃいましたが)。
「男と同じことをしても認められない。2倍以上やって、初めて1人前と認めてもらえる」「女を武器にするなと言われるから、女を捨てている」と言う人もいました。
ファッションも、黒いパンツスーツというスタイルの総合職も多かったですね。

ただ、私は同じ女性として、そこに魅力を感じられなかったのです・・・。
自分も、一歩間違えればそうなりかねないからこそ、なのですが。
仕事で理想に向かう厳しさはあってもいいけれど、女を捨てたり、怖い人である必要はないじゃないか。
女性は花であり太陽。戦わなくても、認めあうことは可能なのに…と。

男性には女性が、女性には男性が必要。
これは、自然がくれた、とても素敵な仕組みだと思うのですよ。
調和のもと、違いを活かしあって無限の可能性を愉しみたいですね。
そのために、認めあい活かしあえるコミュニケーションが大切です。
明日も企業研修ですが、コミュニケーションと心のケアを同時にする研修は、それこそ女性だからできる貢献だと考えています。

14457351_952442294889286_5270309164278340669_n

I went to Singapore to participate FAWA(Federation of Asia-Pacific Women’s Associations) 22nd convention. I’m not a member of FAWA but of IEO(International Exchange Organization in Japan) and we joined as observer this time. Conference theme was “The Future of Humanity: Leaving a Legacy”. Members are powerful and I felt appriciation for predecessor who had fought to get freedom and dignity of women. It was very good chance for me to think and find new viewpoint. Honesty about gender, I’ve never felt unfairness or bad feeling as woman. I feel very happy to be woman and enjoying myself. Some coworker asked me “Why can you make good relationship with men? I can’t”. I observed the difference and found that I have no attitude to fight or contend with men. Men and women have difference and that’s why we can cooperete and help each other. Very simple. This is one reason that I have male and female clients now. Men need women, women need men. Women are sun, women are flower. It’s beautiful system cosmic gave us. Let’s enjoy our unlimited possibility in harmony each other!
Well, I have communication training for company tomorrow. To harmonize communication and heal their heart like this, it’s important contribution as woman.

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

コミュニケーションプロデューサー   Communication Producer
美徳教育プログラム国際公認講師    The  Virtues Project facilitator

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用!「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心身をととのえる気の力
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button

月末はシンガポールへ/Visit Sigapore again
2016年9月8日

12316674_802305346569649_3123772369929999941_n

今月末は、シンガポールでFAWA(アジア太平洋国際女性連盟)の国際会議に参加してまいります。
私はFAWAのメンバーではないのですが、IEO国際交流団体の会員になっており、IEOが今回オブザーバーとして参加されるということで私にもお声がけいただきました。

シンガポールへは去年12月に初めて訪れました。
写真はその時のものです。
現地では、美徳教育プログラム「ヴァーチューズ・プロジェクト」の講師仲間グレースと会ったり、日本人の方向けにミニワークも開催させていただきました。
たくさんの素敵な方々とのご縁に恵まれ、今年またワークショップをしに行くと決めていたので、今回お誘いいただいたのはちょうどよいタイミングでした。

常に、波には乗ります。
乗るだけじゃなく波を創るのも好きです。


14292504_940464232753759_97419561031315442_n12310435_803684613098389_4688507696149909145_n
前回、シンガポール在住日本人の方に何人もお会いしたのですが、感度の高い聡明な方、軸があって美しい方が多いことに驚きました。
どの国でも、おそらく自らワークショップに参加するような方や何かを発信している方というのは、ある程度の知的好奇心や精神性の高さがあろうかと思います。
ただ、シンガポール在住のみなさんのそれが、とてもハイレベルかつ心地よかったのです。私にとっては。

その後もFBでつながっている方が多いので、またお会いできると嬉しいな。


ワークの日時は調整中ですが、それ以外でもホテルでのお茶や個人セッションなど多少はお時間とれると思います。
どこかの日に会えるかも〜という方、お気軽にご連絡くださいね。
再会と新たな出会いを、心から愉しみにしています。

国際会議と自分のワークショップ開催を通じ、インプットとアウトプット、出会いと再会をまるごと愉しんできます。
国際会議やIEO現地交流会でも英語でプレゼンするので、下旬に向けて準備を進めていきます。

 

まだまだ暑い東京だけれど、シンガポールから帰ったら、表参道は秋になっているかしら。

I’ll visit Singapore to join the conference of FAWA(Federation of Asia-Pacific Women’s Association) from Sep.29 to Oct.2. I’m not a member of FAWA but of IEO(International exchange organization, NPO in Japan). IEO joins the conference as observer and they made Singapore tour. I visited Singapore Dec. in 2015 and have decided to go again to share The virtues porojegt or something this year again, so I join the tour. Can’t wait to see many nice ladies in Singapore!!==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================コミュニケーションプロデューサー
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用!「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心身をととのえる気の力
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button