ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

3.11。そのとき世界がしてくれたこと、知っていますか?
2017年3月11日

コミュニケーション・プロデューサー 坂本かおりです。

今日で、東日本大震災から6年目となりました。
今も避難が続く方がいらっしゃる中、ぜひご家族や学校でお読みいただきたい一冊をご紹介します。

o0567080613240407853

IEO国際交流団体発行の小冊子「Heart to Heart 〜東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと〜」。
2年前に発行され、ご好評で版を重ねています。
1冊300円で、利益は東北支援に使われています。

私は、こちらの大使館インタビュー、編集、制作ディレクションを担当させていただきました。
プロジェクトが生まれたきっかけや、各国大使館の取材時のことなどはこちら


 

Heart To Heart
~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~


●価格:300円(消費税なし、送料別)
●仕様:A5版40ページ、表紙=カラー、中面=モノクロ
●内容:東日本大震災における、各国の支援内容紹介

【内容】すべて駐日大使館への取材によるものです。

1,キルギス共和国
・キルギスと日本
・独立後のキルギスと日本の支援
・東日本大震災「我々の兄弟が大変な時」
・これからの日本とキルギス

2.アルジェリア民主人民共和国
・大使からのメッセージ
・アルジェリアからの支援
・地震大国同士だからこその助け合い

3.ベラルーシ共和国
・知識と技術で日本を支援
・科学的視点と研究を、住民のために
・子どものケア
・精度の高い放射能汚染地図を
・国際協力

4.ポーランド共和国
・大使からのメッセージ
・資料提供(民間、各地、武道関連の組織、地方レベルの団体および協会による支援活動)

●制作協力
発行所:NPO法人IEO国際交流団体
発行人:佐藤容代(やすよ)
編集協力:坂本かおり
デザイン:土肥昌子(マーサ・ステューディオ)、藤原 いつき

●お申し込み
IEO国際交流団体まで、メールまたはFAXで、以下の項目をご記入の上お送りください。
折り返し、送料を含めた金額や振込先をご案内いただけます。
メール:info@ieoj.org
FAX:03-6674-2066
記入事項:(1)冊子の希望冊数 (2)お名前 (3)送付先の郵便番号とご住所 (4)電話番号

ぜひ、お読みください。
プロジェクトが生まれたきっかけや、各国大使館の取材時のことなどはこちら

Share Button

アミチエ ソン フロンティエールのチャリティーガラパーティーに出席。ライブでパーカッションにも挑戦!/Amitié Sans Frontières Charity Gala Party
2017年2月19日

こんにちは。坂本かおりです。

IMG_6448
モナコに本部を置く「道徳・寛容・友情」を掲げた人道支援団体、アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル(ASFI)。
私も日本支部の会員になっており、2月18日にグランドハイアット東京で行われたチャリティーガラパーティーに出席してきました。

「愉しむことが人道支援活動へつながる」チャリティーパーティーを通じ、参加費の一部やトンボラ(チャリティくじ)の収益がUNHCRに寄付されるというものです。

16806941_1040656126067902_1461872250342161201_n 16865085_1041910645942450_4741019762075320176_n

日本支部代表理事の畑中由利江さまと。
ドレスのマゼンタピンクが共通でした。

IMG_6441 今年は、アミチエ創始者のマダム レジーヌがモナコから来日されました。
故グレース・ケリー モナコ公妃から「モナコ発の慈善団体を作りたい」という直々のお声掛りによりASFIを創設、世界20カ国以上に支部を持つ慈善団体に育て上げた方です。
90歳お近いということですが、パワフルで愛あるお姿を拝見できて幸せでした!
やっぱり愛と行動力なのです、人や社会を動かすのは。
ゲストには、旧ユーゴスラビア皇太子殿下夫妻もご臨席されていました。


 

さらに、パーティー内のエンターテイメントステージに、ウルトラビッグバンドオーケストラのパーカッショニスト(ボンゴ)として出演させていただきました。
演奏曲は「ルパン三世」と「君の瞳に恋してる(Can’t take my eyes off you)」。
とくに後者はダンスタイムとして、場内のお客様総立ちで盛り上がりました。

IMG_6517IMG_6489
 IMG_6494
実はこのバンド、ほとんどのメンバーが楽器を触るのも初めてだったり、譜面も読めないところからスタート。
それでも彼らは半年前から練習し、1月にはモナコでのアミチエのガラパーティーで演奏して喝采を浴びたのです。
今回は東京でのパーティー開催にあたり、パーカッションが追加募集されたので、すぐ「ボンゴやりたいです!」と挙手。
私はドラムの経験は多少ありますが、ボンゴは初挑戦。
3週間の練習で仕上げました。
 単に参加することに意義があるとか、楽しければいいというイベントではなく、「アミチエ ジャポンの価値を高めるための演奏」ですから、絶対美しくカッコよくキメよう!とコミットして練習。
そのかいあってか、見ていた方に「すごくノリが良くて、カッコよかった!」「叩いている姿が愉しそうで、華やかでした」、先輩バンドメンバーには「かおりさんが入ってくれてよかった!」と言っていただきました。
アミチエ創始者のマダム レジーヌにも喜んでいただけたようで、よかったです。

服装やヘアメイクも、コミュニケーションの大切な要素。
今回はボンゴをノリノリで叩くので、髪はアップにし、メイクは「濃いめ、カッコいい系」でステージ仕様にしていただきました。

自分がこうしたいというだけでなく、場全体への貢献の方法としてTPOを考えること、とても大切にしています。

コミュニケーションは、人生を豊かにしてくれるもの。
とくにドレスコード「ブラックタイ」の社交の場には、学べることがたくさんあります。
Amitié Sans Frontières International Japan Charity Gala Party in Grand Hyatt Tokyo last night. Amitié Sans Frontières is international charity organization and I am a member of it. It was big honor to see Madame Regine who is the founder of ASFI coming from Monaco. She has strong passion and big love to change the world a better place.
I played percussion in Ultra Big band Orchestra in this party!! It was first time for me to play bongo, I just started it 3 weeks ago.(not year, not month!) I have few experiences to play drums in my high school and university days, but bongo is totally new challenge for me. Anyway, action and challenge with passion bring growing up. I am a guest of the party and show performance at the same time. People say to me “You were so cool!” “You played with joy, cool and gorgeous!”. Yes, I practiced with passion and played with joyfulness
コミュニケーション・プロデューサー 坂本かおり
Communication producer Kaori Sakamoto
Grace Inc, CEO
www.grace-joy.com

Share Button

サプール来日イベント「サプール・ナイト」レポート(3/3)
2016年7月24日

「サプール・ナイト」レポート(3/3)
→1はこちら
→2はこちら

今回のイベントでは、ドレスコードを設けました。
それは、「何を着て行こう?」と考えるところからイベントを愉しんでいただくため。

カジュアルでOKとしつつ、「なるべくサプールのように、気持ちが明るくなるような綺麗な色の服または小物を一点でも身につけてお越しください。服装からもサプールへの歓迎を伝えましょう」と表記。
その結果、レストランの方にも「普段より店内が華やかだった」とおっしゃっていただきました。

(さらに…)

Share Button

サプール来日イベント「サプール・ナイト」レポート(2/3)
2016年7月21日

「サプール・ナイト」レポート(2/3)
→1はこちら
→3はこちら

茶野さんの撮影秘話を、いくつかご披露いただきました。

「写真集の表紙になっている写真(下)を撮るにあたっては、オリンピックカラーの5色をイメージしました。あなたは青、あなたは赤と、衣装の打ち合わせをして撮影に臨んだんです。
ところが撮影当日、この青いスーツの彼がね、さんざん青と言ってるのに緑を着てきたんですよ! (さらに…)

Share Button

サプール来日イベント「サプール・ナイト」レポート(1/3)
2016年7月21日

7月19日、アフリカ・コンゴ発、平和を愛するおしゃれなジェントルマン集団「サプール」の来日交流イベントを行いました。

ひょんなご縁でサプールを撮影している写真家・茶野邦雄さんと出会って意気投合し、株式会社グレースが主催・企画制作を担当させていただきました。

13620233_908982142568635_4892250702731326562_n


おかげさまで、イベントは大盛り上がりのうちに無事終了いたしました。
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございます!

実に開催2週間前に急遽決定したイベントでしたが、さすがは人気のサプール。
テーブル席と立食エリアを含め、定員60名様超が事前予約ですぐ満員となりました。

しかも、イベントに関するすべてが、奇跡のスピードとタイミングでするすると決まっていきました。
「なんだか分からないけれど、やるべきだと感じること」は、やはり天から応援が入っているのでしょう。

13731504_912475432219306_8958710867979498279_n
(さらに…)

Share Button

【満席】サプール来日記念イベント「サプールナイト in 表参道」のご案内
2016年7月8日

こんにちは。坂本かおりです。

このたび、カメラマン茶野邦雄さんとひょんなかたちでご縁をいただき、
話題の「サプール」来日イベントをグレースで主催させていただくことになりました。
弊社の貢献事業であり、プロデュース、コーディネートという業務のひとつでもあります。

イベントはどなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しくださいませ。


追記:こちらは満席となりましたので、受付を終了いたしました。
   ありがとうございます。(7月13日)

 

あのサプールが、表参道にやってくる!!
サプール来日記念イベント
SAPEUR ☆ NIGHT  in 表参道

13557778_905574026242780_6807287395158836510_n
アフリカ・コンゴ発、平和を愛するおしゃれなジェントルマン集団「SAPEUR(サプール)」。
世界中から注目を浴びている彼らと、身近に交流できる来日記念イベントが急遽決定!
カラフルなファッションに身を包んだサプール6人が登場、独特の軽快なステップも披露。
イタリア料理を楽しみながら、交流や写真撮影をお楽しみいただけます。
写真展「THE SAPEUR」で一大ムーブメントを創り出した写真家・茶野邦雄氏とサプールのトークや、写真集販売&サイン会も実施。
「人生で一番大切なのは、困難にあっても笑顔でいること。かっこいい服を着てね」
武器ではなくファッションで平和を発信するサプールの美学と想いに、「生」で触れよう!


イベント内容
●サプールと茶野邦雄氏(写真家)によるトーク、Q&A
●サプールと自由に記念写真撮影OK!写真はSNSやブログでのシェアも可能です。
●茶野邦雄写真集「THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」
  特別販売&サイン会
●サプールをイメージしたアフリカの薔薇による装花、アフリカの薔薇1輪プレゼント
(限定、先着順)(協賛:アフリカローズ)
●旬の新鮮素材を使ったイタリア料理ビュッフェ
※内容は一部変更になる場合もございます。ご了承ください。



SAPEUR(サプール)とは?

コンゴにおいて、月収3万円程にも関わらず高級ブランドスーツに身を包み、軽快なステップで町を闊歩する、平和主義でエレガントな人々。実に90年もの歴史を持つ。
近年そのユニークな活動とファッション性が注目を集めており、今回の日本滞在中も、各地百貨店のイベント、デザイナー山本寛斎氏のショー、各種メディアに連日出演。



写真家・茶野邦雄 KUNIO CHANO(SAP CHANO)
1959年 滋賀県生まれ。最年少で日本広告写真家協会(APA)の正会員に推挙される。1986年渡米。NYを拠点に欧米各国で取材撮影を敢行。現在、沖縄を拠点に広告写真とサプールの撮影をライフワークとしている。
2016年春の写真展「THE SAPEUR」は、渋谷西武百貨店で史上最高の動員を記録し、一大ムーブメントを創り出した。
書籍版「THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」、Kindle版「平和をまとった紳士たち」発売中。
http://www.sapchano.com/

cached



イベント詳細


◆日時
2016年7月19日(火)
19:00〜22:00(18:45開場)*事前予約制
追記:こちらは満席となりましたので、受付を終了いたしました。
   ありがとうございます。(7月13日)

◆会場
トラットリア&バール「ラ・フィオリータ」(表参道)
東京都渋谷区神宮前4−2−17 アオヤマアールナツノビル B1F
TEL:050-5869-1818 (予約専用番号)
アクセス:http://la-fiorita.jp/access/
表参道駅A2出口を出て、Appleストアと伊藤病院の間の路地、原二本通りを入り、突き当たり右手前のビルB1です。1Fは「夏野」さんというお箸屋さんです。表参道駅より徒歩1分。

◆料金
3000円(イタリアンビュッフェ付き)、別途ドリンク代 ワンドリンク500円または飲み放題2時間2000円
*料金は当日お支払いください。
*お席はテーブル席と立食エリアがございます。当日の入場先着順でお好きな方をお選びいただけますが、テーブル席には限りがございますのでご了承ください。
早めのお越しをおすすめいたします。

◆ドレスコード
カジュアル。
なるべくサプールのように、気持ちが明るくなるような「綺麗な色の服または小物」を、一点でも身につけてお越しください。
あなたの服装からも、サプールへの歓迎の気持ちを伝えることができます。そこからイベントを愉しみましょう!

◆お申し込み方法
ご予約は、お店の電話にて受け付けております。
7月7日 22:00より予約受付スタート
ラ・フィオリータ予約専用番号
TEL:050-5869-1818
(営業時間:日〜水12:00〜24:00、木〜土12:00〜26:00)

シェア大歓迎です!
貴重な機会ですので、お友達やご家族とお誘い合わせの上、お越しくださいませ。

主催・企画制作:株式会社グレース http://grace-joy.com/
協賛:株式会社モデルノ http://la-fiorita.jp/
AFRIKA ROSE http://afrikarose.com/
協力:有限会社アネット 株式会社茶野事務所 http://www.sapchano.com/

Share Button

あの日から5年。5years from 3.11 Earthquake in Japan
2016年3月11日

東日本大震災から5年となりました。

あの日のことは、今もよく覚えています。
会社で揺れを受け、外の路面が大きく波打つように揺れるのを見て、目を疑いました。
家というのはこんなにも薄くて脆弱な地面に建っているのか、と驚きました。

「ついに首都直下地震が来た」と思って会社のテレビをつけたら、遠く離れた東北が震源地だといいます。
東京がこんなに揺れたのだから、現地はどれほどひどかったのか? そう話しているうちに、生放送の画面には津波が押し寄せました・・・


交通が麻痺した中、家まで1時間歩いて帰ると、古いマンションの壁には大きなひびが入っていました。
あくまで表面のコンクリートのひびとはいえ、これは非常に大きな恐怖でした。
いつ大きな余震でつぶれるか分からない、と思ったのです。

また、東北や北関東には知人が何人もいたので、震災後すぐ災害伝言ダイヤルやメールで連絡をとり、彼らに安否確認メールが殺到しなくて済むようにブログで無事を伝えました。

その後、ひびの入ったマンションで、何かあったらいつでも逃げられるようにと、しばらくは夜も服を着て寝ていました。
そのせいで、肩や背中がガチガチにこわばっていました。

もしマンションが余震でつぶれて、隙間で生きているのに誰も見つけてくれなかったらどうしよう、という恐怖に耐えられず、町田の実家に帰りました。
しばらくは実家から通勤。
会社を6月で辞めることにしていたこともあって、そのまま新しい物件を探して引っ越しました。

秋田の祖母は、震災後の停電による寒さで体調を崩して入院。
そのまま数ヶ月後に光になりました。
こうした、関節的な被災者というのも多くいたのです。
東北に対しては、寄付と祈ること、現地の知人を励ますことを継続しました。
2013年には、福島でのワークショップや仮説住宅への訪問に参加。
2015年には、国際交流のNPO理事と知り合い、他国からの支援を大使館にインタビューした小冊子「Heart to Heart 〜東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと〜」の編集を担当させていただきました。

5年目となる今日は、同NPOの企画である、ポーランド大使館でのチャリティーコンサートに行ってきます。
振り返る、留まるというよりも、
あれから立ち上がって乗り越えて「今」を生きている人たちの力を、信頼しています。

できることをできる形で、継続的に。

小冊子「Heart to Heart 〜東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと〜」
1冊300円。
利益はすべて東北へ寄付されます。ぜひお読みください。
http://grace-joy.com/20160229/

o0567080613240407853
***

I can never forget the day, 2011.3.11. I was working in office in Tokyo at the moment. We thought the big earthquake attacked Tokyo because the quake was too big and long time. I saw the ground was shaking.
We turned the television on and found that central area of earthquake was North area of Japan. Quake in Tokyo was huge enough even it is far from that area. We could only saw TV news and the camera showed big tsunami come. I don’t want to see the movie again…
I walked back home because all train stopped. My apartment had damaged and some crack concrete on wall. I felt fear when I saw that. Who will find me if this apartment destroyed by the quake? I couldn’t live there anymore and moved.
I’ve been making donation and praying for the north area. Joined the workshop with virtues members in 2013, Edited booklet “Heart to Heart what the other countries did for Japan “.
And I’ll join charity concert today.



==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、あなたをもっとハッピーにできる
==========================
ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国で採用、人間関係・コミュニケーションに調和をもたらす
「美徳」の人格教育プログラム
●心も体も癒す気の力
個人セッション
●企業・個人事業PR用インタビューワーク

* お問い合わせ・お申し込みはこちら *

Share Button

大使館へ取材。小冊子「Heart To Heart ~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」
2016年2月29日

あなたは知っていますか?
東日本大震災後、キルギスは公務員が1日分の給与を寄付してくれたこと。
原発対策のため、ベラルーシの放射能科学者が
駐日大使となって来日していること・・・


小冊子
「Heart To Heart
~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」

NPO法人IEO国際交流団体より発売中
o0567080613240407853
2015年に坂本かおりが、インタビューとディレクションを担当した小冊子「Heart To Heart ~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」が、NPO法人IEO国際交流団体より発売中です。

日本だけでなく世界に衝撃が走った、2011年3月11日の東日本大震災。
東北地方では、自身と津波により多くの尊い命が失われました。

その時、たくさんの国の人々が日本のために祈り、現金や物資で支援してくれました。
赤十字の寄付金額などは公開されているとはいえ、私たちはあまり、国家・民間レベルで「どの国がどんなことをしてくれたのか」を知りません。

そこで2015年、NPO法人IEO国際交流団体(※)が、各国からの支援をご紹介するプロジェクトを開始
その一歩目となる小冊子では、キルギス、ベラルーシ、アルジェリア、ポーランドの4ヶ国の大使館に取材を行い、各国の支援や協力についてご紹介しています。
4カ国の大使館への取材と編集を坂本かおりがお手伝いさせていただきました。

あのとき「世界がしてくれたこと」を知り、国境を越えてハートとハートが近付く。
そんなきっかけとして、ぜひご一読ください。
一冊300円で、経費以外の利益はすべてIEOより東北に寄付されます。

今後も、このプロジェクトはさらなる国の大使館へ取材を続け、WEBにて公開予定となっています。

※IEO国際交流団体は、「国際交流を通して、楽しみながらできる社会貢献を」をコンセプトに、イベントやセミナーを通じて相互理解やコミュニケーションの場を提供し、世界の平和に寄与することを目的としている団体です。これまでに40ヶ国以上とのイベントやセミナー、チャリティ事業などをされています。

小冊子のご購入はこちら→
NPO法人IEO国際交流団体


11072539_689098767890308_9186388612061181574_n


小冊子ができるまで

NPO法人IEO国際交流団体
の理事長・佐藤容代(やすよ)さんの「各国の支援について書籍化したい」というビジョンに坂本かおりが共感。
2015年1月より、書籍化への第一歩として、ふたりで大使館に取材を行い、小冊子「Heart To Heart ~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」を企画・制作しました。
2015年3月11日販売開始(現在も販売中)。
一冊300円で、経費以外の利益はすべてIEOより東北に寄付されます。
この小冊子では、キルギス、ベラルーシ、アルジェリア、ポーランドの4ヶ国の大使館に取材を行い、各国の支援や協力についてご紹介しています。  (さらに…)

Share Button

「寛容、友情、道徳」に基づくチャリティ。アミチエ ソン フロンティエール
2016年2月21日

12734263_836978353102348_8422515850777393124_n 先日、国際的な人道支援団体「アミチエ ソン フロンティエール ・ジャポン(ASFJ)」のチャリティーガラパーティーに参加してまいりました。

アミチエ ソン フロンティエールは、モナコのアルベール大公が代表を務め、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)から承認されている国際的な慈善団体です。
国や文化の違いを超えた「寛容、友情、道徳」を軸とし、「愉しむことが人道支援につながる」を合言葉に、ハイソサエティなパーティーなどで大きな額の寄付を集めて活用しています。

チャリティ・ガラパーティーの会場は、シャングリラ ホテル 東京。

写真は、アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポンの代表、畑中由利江先生です。

IMG_7692

今回はイタリアのプリンス、エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・ サヴォイア皇太子殿下や、歴史ある騎士団の方々も主賓としてお越しになっていました。
(さらに…)

Share Button

愛が伝わるアフリカのバラの花束!「LOVE & JOY」をデザイン
2015年12月1日


贈る方の愛が届き、受け取った方の喜びが輝く、魔法のブーケはいかがですか?

アフリカのバラをフェアトレードで輸入することで、ケニアの女性雇用を拡大している「アフリカの花屋」さん。
こちらで、オリジナルブーケ「LOVE & JOY」をデザインさせていただきました。
オンライショップで販売中です!

IMG_2197
代表の萩生田愛(はぎうだ めぐみ)さんはテレビや新聞に何度も取り上げられているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
私たちが美しいバラを購入することで、現地の雇用拡大に協力できるという仕組みに共感し、2013年から応援させていただいています。
ずっとオンラインショップのみで販売されていましたが、2015年には広尾に実店舗「AFRIKA ROSE」がオープンしました。
これでいつでも、バラを実際に見ながら選ぶことができます。
我が家からは広尾まで歩いて30分かからないので、ウォーキングをしながら1本買いに行ってみたりも。


================

オリジナルブーケ「LOVE & JOY」
================

o0480036013118866972
私がこの花束を作ったコンセプトは・・・

「LOVE & JOY」  ¥15,000
とびっきりの「愛」と「生きるよろこび」を届ける魔法のブーケは、大切なご家族や恋人、がんばっているご自身に贈りたい逸品。
見るだけで幸せがあふれる花束に仕上げました。

ハートからあふれるマゼンダピンクと、奥行きのあるイエローグラデーションのバラを中心とした華やかで心浮き立つマリアージュ。
色のバランスは、視覚はもちろんエネルギー面からも考えて1本ずつ選びました。

生命力が強くて美しいアフリカのバラが、贅沢に20本!
1本から茎が分かれているスプレータイプも入れているので、花の数自体はもっと多く、かなりのボリュームです。
あなたは誰に、愛とよろこびの魔法を届けますか?


アフリカローズさんのバラを購入いただくことで、現地の雇用拡大に協力できます。
美しく高品質な花を通じた、お互いにうれしい国際貢献。
お花を贈った相手の方とも、ぜひそんなストーリーを話題にしてもらえたらと思います。

オーナーの萩生田愛(はぎうだめぐみ)さんと、新製品お披露目パーティーにて。
IMG_1971
メディアでも話題の女性起業家であり、愛と情熱溢れる素敵な女性です。
初対面のときから、お互いに「初めて会った気がしない」という、深いご縁を感じる方。
これからもバラで世界に笑顔を広げてくださいね!

 

 

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師
プロデューサー


坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用!「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心身をととのえる気の力
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button