ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

残暑お見舞い申し上げます/Summer greeting
2016年8月15日

今年の夏は、あなたにとってどんな時間でしたか?

私にとっては、独立5周年・株式会社グレース設立1周年の夏でした。
節目といえば節目ですが、未来へのプロセスでしかないとも感じています。

この夏も、自分をクリアにし、会いたい人と会い、行きたいところに行き、
ご縁や機会に恵まれ、流れに乗っていく日々でした。

秋からも、感謝を行動で返してまいります。
行動をするために、わざわざ魂が肉体に宿っているわけですからね!

残暑も、愉しくまいりましょう。

14102248_933233063476876_2809213481704987906_n

How was your summer in 2016? Adventure? Laugh? Tears of sad or joy?l established my own company “Grace Inc.” last August. It was great year.


==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる。
==========================

ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師
プロデューサー


坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用!「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心身をととのえる気の力
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button

浅草のロシア料理店 ボナフェスタ
2016年6月5日

*坂本かおりのオススメ・お気に入りをご紹介します*

浅草のロシア料理店、ボナフェスタさんへ。

こちらの、トマトクリームソースのロシア風キャベツロールが、
ちょっと他にはない美味しさなのです!

実家で何度か、お取り寄せでいただいたことがあり、
お店に伺うのを楽しみにしていました。
13315477_889811484485701_260943515273616782_n
ランチコースは、自家製ハム入りサラダ、かぼちゃの冷製スー、キャベツロールに、
パンかライス、ウインナーコーヒーかロシアンティー。
どれも、素材の良さとオリジナリティが調和していて美味。
13344506_889811481152368_7415058469188072235_n 13333018_889811507819032_4453596641399015578_n ロシアンティーのジャムも、美しくグラスに盛られて。


最後、世にも美しいコーヒーにびっくりしました。
グラスの縁に、ざくろリキュールでピンクに染まったお砂糖。
思わずお店の方に、「史上最高に美しいコーヒーでした!」と感激を伝えずにはいられませんでした。
13346814_889811511152365_2454975614345723321_n13335855_889811817819001_8144498327110991510_n


ぜひまた伺いたいお店。
本当におすすめです! 人気店なので事前にご予約を。
後で見たら、2016ミシュランガイドの「ビブグルマン」にも選ばれていました。
どのメニューも丁寧に作られたこの美味しさ、納得です。

***

浅草 ロシア料理 ボナフェスタ
通販もある公式サイトはこちら
東京都台東区雷門2丁目6-9 ガーデンビル 1F
TEL:03-3847-5277

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、あなたをもっとハッピーにできる
==========================

ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用、人間関係・コミュニケーションが変わる
「美徳」の人格教育プログラム
●企業研修
●心身を癒しととのえる気の力
個人セッション
●企業・個人事業PR用インタビューワーク

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button

母の日のイメージ呼吸法
2016年5月8日

今日は母の日。

お母さんに感謝のエネルギーを送る、イメージ呼吸法をしてみませんか。

VFSH0066 (若き日の母と私)

まずリラックスして椅子に座るか、あぐらをかいて、
丹田(おへそから指三本分下あたり)に手を重ねて当てます。

目を閉じて、ゆっくりとゆっくりと、細く息を吐いていきます。
吐き切ると、今度は自然に空気が入ってきます。

頭頂から、生命エネルギーが美しい光となって流れ込んでくるイメージをしましょう。
入ってきた光は、自分というパイプをお掃除して、
いらないものを足の裏から外に流していってくれます。

しばらく、その流れを意識してゆっくりと呼吸を続けると、
どんどんパイプが綺麗になっていきます。
エネルギーが身体中に満ちてくるのを、味わいましょう。
それでは、丹田を意識したまま、お母さんに感謝のエネルギーを送ってみましょう。

今、あなたが丹田に手を当てている、その姿勢。
それは、あなたのお母さんがあなたをお腹に宿したときに、 よくしていた姿です。

お母さんは、そんな風におなかに手を当て、 お腹を撫でさすり、 あたため、
あなたに語りかけながら、 十月十日を過ごしたことでしょう。

その間、身体がつらいこともあったでしょうし、
精神的に不安定になることもあったかもしれません。

それでも、お母さんはがんばってがんばってあなたを守りぬき、
この世に、肉体として産んでくれたのです。
だから今、あなたが存在しているのです。

 

お母さん、ありがとう。
命がけで産んでくれて、ありがとう。
がんばって育ててくれて、ありがとう。

感謝の言葉を心の中で繰り返すと、丹田に当てた手や、
胸が温かくなるのを 感じられるかもしれません。
あたたかな涙が出るときは、止めずに流しましょう。

もしかすると、お母さんに対して複雑な思いを持っている方や、
好きだと言い切れない方、 ゆるせない方もいるかもしれない。
でも、今はそれでもいいのです。

完璧な親などいないし、お母さんも、
子育てという正解のないものを試行錯誤しながらがんばってきてくれました。

お母さんもまた、あなたと同じように子供時代や学生時代を過ごし、
好きな歌手に憧れたり、恋をしたり、夢見たりしてきた、
一人の不器用で愛おしい人間です。
がんばって生きてきたプロセスの中で、 あなたを生むということも選んでくれました。

もしかすると、愛情の表現がうまくなかったかもしれない。
あなたが欲しい愛情のかけ方ではなかったかもしれない。
それは、お母さん自身が子供のころ、両親からの愛情に飢えていたのかもしれないし、
時代背景かもしれないし、また他の原因があるかもしれません。
けれど実は、原因なんて、今この瞬間、もうどうでもいいことなのです。
あなたが「何かのせい」にしがみつく必要など、ないのです。

お母さんも、あなたも、みんな成長中のたましいです。
「こうあるべき」「こうしてほしかった」「愛されていない」
そんな、自分を苦しくする思い込みのフィルターは手放してしまいましょう。
あなたがしがみつかなければ、それは存在しません。

「お母さん」
この、温かい響き。

ただの呼びかけであっても、ケンカ中だとしても、
「お母さん」と口に出して呼べる相手が今ここにいるということは、
奇跡のようにありがたいこと。
いつか必ず、直接呼べなくなる日がくるのですから。

お母さん、産んでくれてありがとう。
育てくれて、ありがとう。

 

 

* * *
「母親に感謝を伝える」」ということを、世間がこれほど後押ししてくれる日はありません。

親への感謝は、自分の根源を癒すことにつながります。
ぜひ今日は、イメージ呼吸法だけでなく、電話やメール、
あるいは会いに行って、お母さんに気持ちを伝えましょう。

どうしても電話やメールができない状況なら、心の中でも構いません。
あなたの愛と感謝の思いは、 しっかりとお母さんに届きます。
たとえ、もうお母さんが光になられていても、届きます。

 

がんばっていらっしゃる世界中のお母さんに、私からも
「お母さん、ありがとう」。

このよき日に。

VFSH0060 (若き日の母と私)

==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、あなたをもっとハッピーにできる
==========================
ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国で採用、人間関係・コミュニケーションに調和をもたらす
「美徳」の人格教育プログラム
●心も体も癒す気の力
個人セッション
●企業・個人事業PR用インタビューワーク

* お問い合わせ・お申し込みはこちら *

Share Button

「助けて」が言えるという信頼
2016年4月26日

こんにちは。ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりです。

つい先日のこと。
赤坂見附の大きな交差点で、杖をついた年配の男性を見かけました。

普通に渡ってもかなり長い横断歩道なのですが、
お身体が自由に動かないようで、少しずつ少しずつ進んでいます。
どう見ても青信号では渡りきれない歩幅でしたので、
「お手伝いしてもよろしいですか?」と声をかけ、
手をとって一緒に渡りはじめました。

歩きながら、男性がいろいろお話ししてくださいました。
「申し訳ない。パーキンソン病でね、薬飲んだけど効かなくて。
焦ると、よけい思ったように足が動かないんです」
「そうなんですね。焦らなくて大丈夫ですよ。ほら、車ぜんぜん来てませんし」

途中、赤信号に変わり、中央分離帯でいちど休憩。
「昔はえらそうに、なんでも自分でやって人にも命令してたのに、
こんなに人様に迷惑かけて、本当に申し訳ない・・・」
ふっと、そんな本音をこぼされました。
日々、自分では思うように動けず、もどかしいことも多いのでしょう。
「こんなの当たり前で、迷惑でもなんでもないですよ。
他人なんて頼るためにいるんですから、どんどん頼ってくださいね」
「ご親切に、ありがとう」

タクシーにまでお送りして、お別れしました。

別にね、私いいことしました〜みたいな話ではないんです。
当たり前にしていることだし、そうしたいからしているだけなので。
そもそも「弱者」とか「かわいそう」とか、「〜してあげる」という見方をしていません。
サポートしたり、本来の力を引き出すお手伝いはしても、相手は弱者ではないので。

ただ、今回感じたのは、ご本人が、助けを求めること・頼ることを「迷惑をかけている」「申し訳ない」と思わなくていいのにな、ということです。

同時に、周りの人も、手を差し伸べることへの「照れ」や「断られたらどうしよう」
といった妙なブレーキはまったく要らない。

「頼る」といえば、私も昔は、仕事面で上手に人に頼ることができせんでした。
プライベートではそうでもなかったのですが。

でも、ある時、気付いたのです。
ヘルプを出すと、同僚が張り切ってサポートしてくれることに。
ああ、私が頼ると、相手は嬉しいことなんだ。
そういえば、私もそうだもんな。
そうか、人を「信じて頼る」ことが「信頼」なんだ。
しかもお互いにハッピーになれるなら、その方が圧倒的にプラスになる!

それに気づいてからは、人に頼ることがずっと楽になりました。

仕事でも、震災の支援でも、慈善活動でもそうですが、
「自分が役に立てること」をしっかりして、人をサポートできる時はする。
別に、したくないなら無理にしなくていいと思うのです。
これが正しいからすべきとか、役に立つことで自分の存在意義を確認するようなものでは全然ないから。

ただ、「本当はしたいのに動けない」という人は、
心のブレーキを外してアクションしてみてほしいなと思います。

もし、手を差し伸べて断られたとしても、
「そうですか、分かりました♪」でいいじゃないですか。
(お相手を驚かせず、尊厳や希望を尊重するために、
いきなり勝手に腕をとったりしないのも大切ですね)

そして、自分が助けが必要なときは、「助けて!」「サポートして」と遠慮なく発信し、
「ありがとう」と受け取りましょう(「すみません」ではなく、ね)。

それは、特別でもなんでもない、普通の愛の循環だから。
ほんとうに、それだけのこと。
愛なんて、シンプルでいいんですよ!

IMG_3589 IMG_3590 (2)
↑東京タワー内に神社があるんです! その名も「幸稲荷神社」。
==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、あなたをもっとハッピーにできる
==========================
ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国で採用、人間関係・コミュニケーションに調和をもたらす
「美徳」の人格教育プログラム
●心も体も癒す気の力
個人セッション
●企業・個人事業PR用インタビューワーク

* お問い合わせ・お申し込みはこちら *

Share Button

確定申告、無事終了!/Filed my tax return of 2015
2016年3月14日

ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりです。
今年の確定申告も無事に終わり、ほっと一息。

4874_847213568745493_7968399735099136573_n 準備や申請は手間ではあるのだけれど、一年間の愛や感謝の量を再確認できるので、実は大好きな作業です。

そもそも私の仕事(講師業、プロデュース業)は、経費や売上の種別も少なくてシンプル。
決算書も、始めてしまえばわりとすぐできるのです。

995161_847213862078797_2320693569248588102_n
税務署では例年通り、ご親切な方々に指導いただきながらサクサクと終了。
昨年8月に株式会社グレースとして法人化したため、個人としての所得税の確定申告はこれで終わり。

確定申告のあと、別件でご相談させていただいた若い女子署員の方も、時間外にも関わらず懇切丁寧な対応。
「もし分からなかったら、いつでも法人課にお電話ください。○○と申します」
という笑顔があまりに可愛くて、つい
「◯◯さん、税務署でそんなに可愛かったら、みんなのアイドルでしょう?」
とか、いらんことを口走ってしまう私(どうも、綺麗な人や可愛い子、素敵な服装などは、口に出して伝えるのを我慢できないタチ)。
さあ、これからも愉しく精進してまいります。
よろしくお願いいたします。

***I have filed my tax return this year. It’s bother to make statement of accounts, but I love it because this is time to recognize the amount of love and gratitude of the year. Staffs of tax office are very kind and I can make it smoothly every year.


==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、世界をもっとハッピーにできる
==========================

ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師
プロデューサー


坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国以上で採用!「美徳」の人格教育プログラム
●現代人にこそ必須。心身をととのえる気の力
企業研修
個人セッション
インタビュー、プロデュース

*お問い合わせ・お申し込みはこちら

Share Button

あの日から5年。5years from 3.11 Earthquake in Japan
2016年3月11日

東日本大震災から5年となりました。

あの日のことは、今もよく覚えています。
会社で揺れを受け、外の路面が大きく波打つように揺れるのを見て、目を疑いました。
家というのはこんなにも薄くて脆弱な地面に建っているのか、と驚きました。

「ついに首都直下地震が来た」と思って会社のテレビをつけたら、遠く離れた東北が震源地だといいます。
東京がこんなに揺れたのだから、現地はどれほどひどかったのか? そう話しているうちに、生放送の画面には津波が押し寄せました・・・


交通が麻痺した中、家まで1時間歩いて帰ると、古いマンションの壁には大きなひびが入っていました。
あくまで表面のコンクリートのひびとはいえ、これは非常に大きな恐怖でした。
いつ大きな余震でつぶれるか分からない、と思ったのです。

また、東北や北関東には知人が何人もいたので、震災後すぐ災害伝言ダイヤルやメールで連絡をとり、彼らに安否確認メールが殺到しなくて済むようにブログで無事を伝えました。

その後、ひびの入ったマンションで、何かあったらいつでも逃げられるようにと、しばらくは夜も服を着て寝ていました。
そのせいで、肩や背中がガチガチにこわばっていました。

もしマンションが余震でつぶれて、隙間で生きているのに誰も見つけてくれなかったらどうしよう、という恐怖に耐えられず、町田の実家に帰りました。
しばらくは実家から通勤。
会社を6月で辞めることにしていたこともあって、そのまま新しい物件を探して引っ越しました。

秋田の祖母は、震災後の停電による寒さで体調を崩して入院。
そのまま数ヶ月後に光になりました。
こうした、関節的な被災者というのも多くいたのです。
東北に対しては、寄付と祈ること、現地の知人を励ますことを継続しました。
2013年には、福島でのワークショップや仮説住宅への訪問に参加。
2015年には、国際交流のNPO理事と知り合い、他国からの支援を大使館にインタビューした小冊子「Heart to Heart 〜東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと〜」の編集を担当させていただきました。

5年目となる今日は、同NPOの企画である、ポーランド大使館でのチャリティーコンサートに行ってきます。
振り返る、留まるというよりも、
あれから立ち上がって乗り越えて「今」を生きている人たちの力を、信頼しています。

できることをできる形で、継続的に。

小冊子「Heart to Heart 〜東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと〜」
1冊300円。
利益はすべて東北へ寄付されます。ぜひお読みください。
http://grace-joy.com/20160229/

o0567080613240407853
***

I can never forget the day, 2011.3.11. I was working in office in Tokyo at the moment. We thought the big earthquake attacked Tokyo because the quake was too big and long time. I saw the ground was shaking.
We turned the television on and found that central area of earthquake was North area of Japan. Quake in Tokyo was huge enough even it is far from that area. We could only saw TV news and the camera showed big tsunami come. I don’t want to see the movie again…
I walked back home because all train stopped. My apartment had damaged and some crack concrete on wall. I felt fear when I saw that. Who will find me if this apartment destroyed by the quake? I couldn’t live there anymore and moved.
I’ve been making donation and praying for the north area. Joined the workshop with virtues members in 2013, Edited booklet “Heart to Heart what the other countries did for Japan “.
And I’ll join charity concert today.



==========================
人格は育つもの、人生は愉しむもの。
コミュニケーションは、あなたをもっとハッピーにできる
==========================
ライフ&コミュニケーションコーチ
美徳教育プログラム国際公認講師

坂本かおり  Kaori Sakamoto

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/
スケジュール:セミナー・講座メニュー&スケジュール

●世界110カ国で採用、人間関係・コミュニケーションに調和をもたらす
「美徳」の人格教育プログラム
●心も体も癒す気の力
個人セッション
●企業・個人事業PR用インタビューワーク

* お問い合わせ・お申し込みはこちら *

Share Button

あなた本来の力は、そんなもんじゃない
2016年3月7日

ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりです。

雨の東京。
これから3名様、個人セッションです。

人は、愛で包まれれば本来の力が出せます。
「本来の力」というのは、
「今の自分」が思っているほど小さいもんじゃない。

あなたはもっと、ずっと、無限に大きくて力強い存在なのですよ。

12800224_843429872457196_463498066900283068_n
 

* * * * *

ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおり

公式サイト:www.grace-joy.com
ブログ:http://grace-joy.com/category/blog/

2016.4.2〜3 美徳のワークショップ
レイキセミナー 
セミナー・講座・ワークショップ全スケジュール
個人セッション
●企業・個人事業PR用インタビューワーク

*お問い合わせ・お申し込み・出演や取材のご依頼はこちら

Share Button

大使館へ取材。小冊子「Heart To Heart ~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」
2016年2月29日

あなたは知っていますか?
東日本大震災後、キルギスは公務員が1日分の給与を寄付してくれたこと。
原発対策のため、ベラルーシの放射能科学者が
駐日大使となって来日していること・・・


小冊子
「Heart To Heart
~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」

NPO法人IEO国際交流団体より発売中
o0567080613240407853
2015年に坂本かおりが、インタビューとディレクションを担当した小冊子「Heart To Heart ~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」が、NPO法人IEO国際交流団体より発売中です。

日本だけでなく世界に衝撃が走った、2011年3月11日の東日本大震災。
東北地方では、自身と津波により多くの尊い命が失われました。

その時、たくさんの国の人々が日本のために祈り、現金や物資で支援してくれました。
赤十字の寄付金額などは公開されているとはいえ、私たちはあまり、国家・民間レベルで「どの国がどんなことをしてくれたのか」を知りません。

そこで2015年、NPO法人IEO国際交流団体(※)が、各国からの支援をご紹介するプロジェクトを開始
その一歩目となる小冊子では、キルギス、ベラルーシ、アルジェリア、ポーランドの4ヶ国の大使館に取材を行い、各国の支援や協力についてご紹介しています。
4カ国の大使館への取材と編集を坂本かおりがお手伝いさせていただきました。

あのとき「世界がしてくれたこと」を知り、国境を越えてハートとハートが近付く。
そんなきっかけとして、ぜひご一読ください。
一冊300円で、経費以外の利益はすべてIEOより東北に寄付されます。

今後も、このプロジェクトはさらなる国の大使館へ取材を続け、WEBにて公開予定となっています。

※IEO国際交流団体は、「国際交流を通して、楽しみながらできる社会貢献を」をコンセプトに、イベントやセミナーを通じて相互理解やコミュニケーションの場を提供し、世界の平和に寄与することを目的としている団体です。これまでに40ヶ国以上とのイベントやセミナー、チャリティ事業などをされています。

小冊子のご購入はこちら→
NPO法人IEO国際交流団体


11072539_689098767890308_9186388612061181574_n


小冊子ができるまで

NPO法人IEO国際交流団体
の理事長・佐藤容代(やすよ)さんの「各国の支援について書籍化したい」というビジョンに坂本かおりが共感。
2015年1月より、書籍化への第一歩として、ふたりで大使館に取材を行い、小冊子「Heart To Heart ~東日本大震災 そのとき世界がしてくれたこと~」を企画・制作しました。
2015年3月11日販売開始(現在も販売中)。
一冊300円で、経費以外の利益はすべてIEOより東北に寄付されます。
この小冊子では、キルギス、ベラルーシ、アルジェリア、ポーランドの4ヶ国の大使館に取材を行い、各国の支援や協力についてご紹介しています。  (さらに…)

Share Button

風邪や喉の痛みに、セルフケア。私の場合
2016年2月23日

先週、咳は出ないのに喉だけが急に痛くなり、
咽頭炎で声が出にくくなってしまいました。

いつも通り、すぐFacebookで「急募!応援エネルギー」と投稿したところ、 (さらに…)

Share Button

「寛容、友情、道徳」に基づくチャリティ。アミチエ ソン フロンティエール
2016年2月21日

12734263_836978353102348_8422515850777393124_n 先日、国際的な人道支援団体「アミチエ ソン フロンティエール ・ジャポン(ASFJ)」のチャリティーガラパーティーに参加してまいりました。

アミチエ ソン フロンティエールは、モナコのアルベール大公が代表を務め、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)から承認されている国際的な慈善団体です。
国や文化の違いを超えた「寛容、友情、道徳」を軸とし、「愉しむことが人道支援につながる」を合言葉に、ハイソサエティなパーティーなどで大きな額の寄付を集めて活用しています。

チャリティ・ガラパーティーの会場は、シャングリラ ホテル 東京。

写真は、アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポンの代表、畑中由利江先生です。

IMG_7692

今回はイタリアのプリンス、エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・ サヴォイア皇太子殿下や、歴史ある騎士団の方々も主賓としてお越しになっていました。
(さらに…)

Share Button