ライフ&コミュニケーションコーチ 坂本かおりオフィシャルブログ

ヴァーチューズ・プロジェクト公式基礎講座「内なる美徳を呼び起こすワークショップ」
2015年9月10日

国連推奨・世界110ヶ国以上で採用!
豊かな人格を育み、人間関係に変革を起こす心の教育プログラム
ヴァーチューズ・プロジェクト公式基礎講座
「内なる美徳を呼び起こすワークショップ」


*グループや企業様での開催は、日程やご予算をお気軽にご相談ください。

*ヴァーチューズ・プロジェクトは、宗教や倫理団体とは一切関係ありません。人間性を育む教育プログラムです。

t02200165_0800060013327484864t02200155_0800056413327484862



VIRTUE(ヴァーチュー)=美徳。


ヴァーチューズ・プロジェクトは、カナダで生まれた人格教育プログラム。
世界110ヶ国を超える家庭や学校、企業、カウンセリングの現場などで採用され、国連からも推奨されています。

コミュニケーションや自己肯定感の向上に、目覚ましい変化を起こしています。 (さらに…)

Share Button

福岡ワークショップ、初日が終了
2015年9月12日

【美徳のワークショップ初日が無事終了!/1st day of Virtues workshop was over, from introduction to 3rd strategies】

おかげさまで、初の福岡での美徳ワークショップ初日が終了しました。

今日は、ヴァーチューズ・プロジェクト5つの戦略のうち、
「第1戦略:美徳の言語を話す」
「第2戦略:教えに最適な瞬間を認識する」
「第3戦略:明確な境界線を設定する」
の3つまで。
互いの美徳を承認しあうワークでは、人と自分を認めあう喜びがあふれていました。

12003249_772109999589184_6538089565881570237_n
今回ご参加のみなさまは、普段から言葉やコミュニケーションを意識されている方々ばかり。
すでに職場でヴァーチューズ・プロジェクトに触れたことがある方もおいででした。
そのぶん気づきも深く、明日もさらに楽しみです。


私がメインとなって全体を進行しつつ、共同開催講師ののりちゃんこと小林 則子さんと、戦略の解説を分担しています。
のりちゃんの進行は、情熱と整理整頓のバランスがよく、リズムが気持ちいい。
ご一緒していて、とてもやりやすいです。
それに、お隣にこのあたたかな笑顔があるだけで、なんたる安心感!

まだ1日目ですが、福岡まで来て本当によかったなと。

11091410_772108442922673_2555567591192353493_n
さあ、明日は第4戦略からスタートです。
心を開いて、愉しんでまいりましょう!

Share Button

ヴァーチューズ・カードとは
2015年7月17日

VIRTUE(ヴァーチュー)=美徳


美徳とは、人が生まれつき持つ善い資質。心の力、良心とも言えます。

ヴァーチューズ・プロジェクトとは、人間が生まれ持つ「美徳」にフォーカスし、引き出す人格教育プログラムです(宗教や倫理団体とは関係ありません)。
この教育プログラムは国連からも推奨され、世界110カ国以上の学校や家庭、企業、カウンセリングの現場や刑務所での更正ケアなどで採用され、大きな成果を上げています。


「ヴァーチューズ・カード」は、このプログラムが軸にしている「52の美徳の言葉」がカードになったものです。
それぞれ異なる美徳の言葉と説明が書かれており、読んだ人に、その時必要な気付きを与えてくれます。

s-DSCF1750


<52の美徳の言葉>
愛 いたわり 思いやり 感謝 寛大 寛容 気転 共感 協力
勤勉 決意 謙虚 コミットメント 識別 自己主張 自信 自制心
柔軟性 正直 情熱 真摯 親切 辛抱強さ 信頼 信頼性 正義
清潔 誠実 整理整頓 責任 節度  創造性 尊敬 忠誠心 慎み
手伝い 忍耐 奉仕 無執着 名誉 目的意識 優しさ やすらぎ
勇気 友好 優秀 ゆるし 喜び 理解 理想主義 礼儀 和
日本では、太陽出版より「ヴァーチューズ・カード ~52の美徳のエッセンス~」が発売されています。→太陽出版オンラインショップ ※Amazonでは発売されていません
 

●気付きをもたらし、感情と思考を整理してくれるカード

ヴァーチューズ・プロジェクトという教育プログラム自体は、必ずしもこのカードを使わなくても実践できます。
ですが、カードがあると、ひとつひとつの美徳への理解がぐっと深まります。

ヴァーチューズ・カードが示す「美徳」はどれも、すべての人が生まれつき持っている人格の資質です。
だからこそ、どのカードを見ても自分の内側に響くものがあり、自身の中にあるものとリンクして、気付きやスッキリ感を得られるのです。

ちょっと想像してみてください。
あなたが、いきなり目の前の人に「今の本当の気持ちや、気になっていることを話してください」と言われても、よほどの信頼関係がない限り戸惑ってしまいますよね。

ところが不思議なことに、ヴァーチューズ・カードというワンクッションを挟むと、初対面であっても心を開いて話しやすくなります。
例えば、1枚カードを引いて「私は○○という美徳を引いたのですが、カードの文章を読んでこんな風に感じました。ちょうど今、職場で人間関係のトラブルがあり・・・」といった具合に、美徳の言葉と自分の感情・体験がリンクすることで、言葉にしやすくなるのです。それまで、明確な形を成さずに心の中にたまっていたものが、言葉という形で、スッと外に出てくる。
そこで思考と感情が整理され、気付きやスッキリ感を得られるのです。
t02200270_0800098013182607417

ヴァーチューズ・カードは、占いのように外から何かのメッセージやアドバイスを得ようとするよりは、人の内側にある美徳に気づき、本来の力を引き出すのを手伝ってくれるカードです。
 

私は、セミナーや個人セッション、企業研修などで、このカードを使うことがあります。
たった1枚のカードが気持ちを出しやすくしてくれること、そして、人が自らの内側を見つめて答えを見つけていくプロセスは、感動的ですらあります。
もちろん、同じカードを読んでも人によって感じることは様々ですから、正解不正解はありません。
その場で明確な答えを得られなくても、美徳の言葉を心に留めて過ごすことで、必ず気付きや変化があるはずです。

 

カードを買ったり、人にもらったりして、このページをご覧になる方も多いと思います。
ひとつだけ、使用上の注意をお伝えしておきますね。

時々、カードを引いて「ああ、これは 私に全然ない美徳です」「これが私に欠けているんですね」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
これは違うのです。
52の美徳は、すべての人間が生まれつき持っている、人格の資質。
あなたの中に「ない」ものは、ひとつもないのです。


ですから、「自分の中にあるこの美徳を、もっと意識してみよう」「今、この美徳を強く発揮しているのかもしれないな」と、ポジティブに意識を向けてみてください。

このカードは、占いやカードリーディングではありません。
また、「あなたにはこれが足りない」ということを示すものでもないのです。

具体的な使い方の例はこちら

●まずはカードに触れてみませんか?
個人セッション イメージ1 (C)2015 by Grace Inc. & Kaori Sakamoto

「ヴァーチューズ・カードがどんなものか見てみたい」
『使い方を試してみたい」という方は、実際に体験してみませんか?
 


♦︎はじめての美徳コミュニケーション体験講座
(概要説明&体験)
随時/個別開催可

美徳の教育プログラム「ヴァーチューズ・プロジェクト」に興味がある方、
美徳にフォーカスするとはどういうことなのかを、楽しく気軽に体験してみたい方、
ヴァーチューズ・カードの使い方を知りたい方へ。

カフェなどで、お気軽に体験いただくスタイルをとっております(飲食代別途)。
グループでもプライベートでも随時承っております。

o0800080013237423773

日時:個別開催。ご都合のよい候補日と時間帯を、第3希望までお知らせください
内容:ヴァーチューズ・プロジェクトの概要説明と、ヴァーチューズ・カードの体験
時間:お一人様の場合は60分、2名様以上のグループは90分
料金:ヴァーチューズ・カードをお持ちの方 5,000円/カード付き特別価格 7,000円(税別2,200円の「ヴァーチューズ・カード〜52の美徳のエッセンス〜」込み特別価格。カードはその場でお渡しします)

※ヴァーチューズ・カードはこちらでも購入できます
太陽出版オンラインショップ(※Amazonでは発売されていません)
お問い合わせ・お申し込みはこちらから

その他、ヴァーチューズ・プロジェクトに関するセミナーなどの情報はこちら

Share Button

最新スケジュール
2015年9月27日

セミナーやイベント、個人セッションのスケジュールです。
ほとんどが随時リクエスト開催となっております。
出張開催、企業研修、講演も承っておりますので、
お気軽にご相談ください。 (さらに…)

Share Button

ピンチをチャンスに。レジリエンス(心の回復力)の大切さ
2015年7月11日

今日は、心のしなやかさについて。

ピンチをチャンスにする思考を持っている人は、優しくて、しなやかで、強い。
ただ硬いだけでは、ポキっと折れてしまいます。

道の途中、顔をあげれば太陽はそこにあるし、
人はいつだって、ひとりで歩いているわけではありません。
でも私たちはどうしても、下を見ているときはそのことに気づかないもの。 (さらに…)

Share Button